TOP > ふくしと教育(学会監修情報誌)

ふくしと教育(学会監修情報誌)

定期購読のご案内

日本福祉教育・ボランティア学習学会監修 情報誌

「ふくしと教育」は年2回発行(8月・2月)します。定期購読(継続購読)の場合は、送料無料で配付いたします。
定価通巻18~26号本体価格574円。通巻27号から本体価格700円です。
書店または発売元である大学図書出版までFAXまたはメールでお申し込みください。

大学図書出版
〒102-0075 東京都千代田区三番町14-3 岡田ビル4F
TEL:03-6261-1221 FAX:03-6261-1230
E-mail:r-yoshida@daigaku-t.jp
ホームページ:http://www.daigakutosho-gr.co.jp/



ふくしと教育 通巻30号

【目次】

<巻頭言>日常と危機の繰り返しの中の「ふくし」/村上徹也
<特集>自然災害の減災と福祉教育
・「釜石の奇跡」のいまを生きる 菊池のどか語り部ガイド/菊池のどか
・被災地での10年間で気づいた「人としてよりよく活きる」重要性/柴田滋紀
・東日本大震災が見せてくれた地域の二面性~1人の男性との出会いから/須田めぐみ
・紙芝居で震災を伝えたい 高校生の熱い思い~七ヶ浜町きずなFプロジェクト/瀬成田実
<第2特集>コロナ禍における「ふくし」の挑戦と福祉教育
・コロナ禍で再確認した住民の主体形成と2つの「参加」の大切さ/猪俣健一
・コロナ禍における大学教育/秋吉 恵
・こども食堂は多世代交流の居場所/丸茂ひろみ
・コロナ禍と向き合う民生委員児童委員活動/馬川友和
<特別記事>
・スウェーデンのユースワークと青少年の社会参加施策/両角達平

詳細、ご注文はこちらから

ふくしと教育 通巻29号

【目次】

<緊急巻頭言>新型コロナウイルス感染とボランタリズム/原田正樹
特集 社会福祉法人の地域貢献の取組と福祉教育
<巻頭言>コロナ禍の今こそ福祉教育実践の必要性を共有する!/中島 修
・施設法人の福祉教育と福祉サービスの創意工夫/菊地月香
・福祉教育教材を活用した学校・地域・社協が連携した福祉教育/川上由美子
・板橋区社福連の高齢・児童・障がい分野での取組/田口 晋
・所沢市内社会福祉法人とのネットワークの取組と「ふくし学習」/梅本晶絵
<福祉教育事例>
・学校と地域連携によるSmileプロジェクト/山本亜矢子
・高校生のゾンビ商店街地域おこし活動/富澤洋一
・活動と生活をつなぐ清泉女子大学地球市民学科の試み/鈴木直喜
・外国ルーツの高校生の学び場づくり/海老原周子
<特別記事>
権利条約発効30年を迎えた子どもの権利の現状と課題/野尻紀恵

詳細、ご注文はこちらから

 

ふくしと教育 通巻28号

ふくしと教育 通巻27号

ふくしと教育 通巻26号

1 2 3 4 6

topに戻る