日本福祉教育・ボランティア学習学会
更新日: 2006年11月6日
 

日本福祉教育・ボランティア学習学会
第12回埼玉大会

 

お知らせ

第2回実行委員会の模様:画像

▲ページ先頭へ

大会の目的

21世紀という新たな時代を迎えた現代社会は、さまざまな変革を試みている。しか し、今日の社会問題からは、人間疎外の傾向が強まり、人間関係の希薄さが浮き彫りに なってきている。

そして今日、人と人、人と社会、そして自然とのかかわりなど、「つながり」がさまざまな場面で注目され始め、新たな社会の価値を見出そうとしている。しかし、人間は、相互に結びあうとするとともに、異質な他者を排除し、抑圧することで対立することがある。特に、人々の生活基盤となる地域において、コンフリクトは生じやすい。 新たな社会の価値を考えていく上で、改めて自分と他者との問題を切り離して考えるのではなく、互いの違いを認め、相互に理解しあうことから、一人ひとりの"いのち"はかけがえのないものとして尊重できるよう、実践的に学ぶことが求められるのではないだろうか。

 これからの福祉教育・ボランティア学習は、社会から疎外されかねない人々が孤立、排除されることなく、信頼と協働による新しい社会づくりをめざし、生活する身近な地域で支えあえる仕組みが創られるよう、ソーシャル・インクルージョンの具現化をめざす必要があると考える。 そのためには、生活する上で自他の福祉課題に気づき、互いに共有し、それらの解決に向けてともに行動する、人間としての学びを実践できる力を培い、地域社会資源を活用し、ネットワーキング社会を構築していくという、つまり「地域を紡ぐ」視点が大切にされよう。

 そこで本大会ではテーマを「人と人を結び きずなを紡ぐ 新しい社会観づくりをめざして」として、地域を基盤とする福祉教育・ボランティア学習の展開について、実践と研究課題を明らかにすることから、新たな歩みの方向性を考える機会を創ろうとするものである。

▲ページ先頭へ

大会テーマ

人と人を結び きずなを紡ぐ 新しい社会観づくりをめざして

▲ページ先頭へ

期日と会場

2006年11月25日(土)〜26日(日)東京国際大学

期日 会場
2006年11月25日 (土)〜 26日(日) 東京国際大学 第一キャンパス地図・アクセス方法

▲ページ先頭へ

日本福祉教育・ボランティア学習学会 第12回埼玉大会開催要綱

 第12回埼玉大会開催要綱  PDFファイル(34KB)

▲ページ先頭へ